ゴルフコースに出よう

いよいよコースデビューです。
大自然の中でプレーをして、本当のゴルフの楽しさがわかります!

初心者ゴルファーの方が初めてゴルフに行く場合は

経験者の方と一緒にプレーした方がよいと思います。

ステップ1:ゴルフ場の予約

ゴルフ場は場所や平日、土日で値段も変わってきます。

昔は会員権が必要だったり、値段も1万以上あたりまえでしたが

最近は値段も安くなっていて数千円、平日だと5000円を切るゴルフ場もあったりします。

自分の予算にあったゴルフ場を選びましょう。

また、あまり地方の場所を予約すると行き帰りが疲れますのでゴルフ場までの距離も考えましょう。

最近は楽天などのインターネットで予約できますので

プレーしやすいコースやランチ付きなどを確認しならが予約してください。

ステップ2:ゴルフプレイ日前

持ち物の確認をしましょう。

また、時間があれば打ちっぱなしで最終の練習をしてから望みましょう。

朝早い場合は前日のお酒は控えましょう。

【持ち物リスト】
[check_list image=”check1-gr”]
  • キャディバッグ
  • ゴルフクラブ一式
  • 帽子またはサンバイザー
  • ボール(たくさんw)
  • ティー(ロングティー、ショートティー。多めに)
  • ゴルフウェア
  • ゴルフシューズ
  • ゴルフシューズ
  • タオル
  • マーカー
  • サングラス(必要あれば)
  • スコアーカウンター(打数が覚えられない場合)
  • レインウエア(雨が心配なら)
[/check_list]
ゴルフ道具の揃えよう

ステップ3:ゴルフプレイ当日~ゴルフ場まで

近くにゴルフ場がある人を除いて、早朝に出発することがほとんどです。

待ち合わせ時間に間に合うように起きて出かけましょう。

たまに、集合場所に来ないとか家に迎えに行っても寝ていたということがありますが

参加者全員に迷惑がかかるのでしっかり睡眠を取って遅刻しないようにしましょう。

ステップ4:ゴルフ場に到着

ゴルフクラブを入り口でゴルフ場の係の人預けましょう。(セルフの場合もあります)

もし、キャディバッグにネームプレートが無い場合は

ゴルフ場でネームプレートをもらい名前を書いてキャディバッグに付けます。

着替えに必要なものはキャディバッグから出して持って行きましょう。

キャディバッグは、自分たちが使うゴルフカートに取り付けてくれます。

フロントで自分の番号のついたスコアーカード(ロッカーの鍵)が用意されていますので

受け取ってロッカーで着替えをします。

ゴルフシューズも忘れずに履いてくださいね。

貴重品は貴重品セキュリティボックスが別に用意されていますので

盗難にあわないように必ず預けてください。

ステップ5:プレイ前

プレイ開始時刻はあらかじめ決められています。

プレイ開始時間に余裕がある場合は、パッティング練習や打ちっぱなしをして

準備をしてください。

ステップ6:プレイ開始

いよいよプレイ開始です。

プレイ時間になったら、カートで出発しますが

前の組のカートが出発していない場合は待ちます。

前の組が早く出発した場合は、自分の組をスタートしても構いません。

コースに出たら前の組がまだコース内にいる場合は打たないで待ちます。

ミドルホール、ロングホールではコース上(200ヤード)あたりに旗が

立っているので、その旗より先に行ったらプレイすることができます。

なお、ショートホールの場合はホールにがいなくなるのを待って打ちましょう。

ファーストショット前には一緒にまわるメンバーに挨拶をしてから打ちましょう。

前半9ホール、後半9ホールプレイします。
食事付の場合前半が終わったあとに取りますが、後半のプレイ開始時間を必ず確認しましょう。

始めは緊張しますし、打数もたくさん叩いてしますかもしれませんが
失敗を恐れず楽しい気持ちでプレイしましょう。

手順については一般的な内容を書いていますがゴルフ場によって異なりますので

一例として参考にしてもらえればと思います。

↓楽天は、WEB予約サイトでプランも豊富でタイムセールも時々開催しています。

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア

↓GDOの格安チケットもおすすめですよ。

ゴルフ場予約

ゴルフ場プレー予約


ゴルフの初心者必見!ゴルフの基本知識から道具・クラブ選び、上達方法、ルールやマナーなどわかりやすく解説します!