タグ別アーカイブ: スライス

スタートホールでティーショットをミスしない秘訣

スタートホールのティーショットはトップしたりスライスしたり、
最悪チョロしたりすることが多くあります。

プロゴルファーでも、スタートホールは緊張するし、入念に練習をしてもスライスすることが多いと言われているように朝一のティーショットはうまく打てない事が多いのです。

ティーショットをミスしてしまう原因

その原因は大きく2つあります。
[check_list image=”check1-gr”]
  • まだ体が温まっていないから普段のスイングができない
  • スイングが失敗したらどうしようとかメンバーに見られている緊張感
[/check_list]
これらによって本来のスイングができなくなっているのです。

では、どうすればスタートホールを無事に乗り切ることができるのでしょうか?

プレー開始前の準備

プレー開始まで時間がある時パット練習のみを行っている人を多く見かけますが
スタートホールに自信が無い人にとってパッティングは二の次で構いません。

体が温まっていない状態では本来のスイングができませんので
まずは、肩・腰を中心にストレッチで筋肉をほぐしましょう。

ストレッチすることで身体のこわばりも緊張感も和らぐことにつながります。

その後、打ちっぱなしが併設されている場合は、ドライバーで何球かフルスイングすることでスイングの感覚をつかむ事ができます。

打ちっぱなしが無い場合でも、アイアンを2本持って素振りしたり、ドライバーでフルスイングすることで体がほぐれます。

この時重要なのは、ちゃんと「腰が回転できて」普段通りのスイングができていることを確認することです。


ティグラウンドに立ったら

自分のティーショットの順番が回ってきたら、まず大きく深呼吸をして
その後は、いつもどおりのルーティンをすることを心がけましょう!

ここで重要なのは、決して打ち急がず、何も考えず「無心」でいつも通りにルーティンを進めることです!

決して飛ばそうと思わないで、とりあえずフェアウェーキープでいいという気持ちで力まないことです。

ルーティンはとても重要ですので自分のルーティンは決めておきましょう。

それでもスライスやトップ・チョロする場合がありますので
トップ・チョロしないように普段よりティーアップを少し高めにする。

スライスしてもいいように目標方向やクラブのフェース向きをやや左に向けたりするなど工夫してみてください。

スタートホールでミスしない方法まとめ

スタートホールでティーショットをミスしない方法は5つです。
[check_list image=”check1-gr”]
  • ストレッチをしっかり行う。
  • ゴルフクラブをフルスイングをしておく。
  • ティーアップを少し高めにする。
  • 目標方向またはクラブをやや左に向ける。
  • 深呼吸していつも通りのルーティンでスイングをする。
[/check_list]
スタートホールのティーショットを成功させると
いい気分でラウンドを進めることができますね!

スイングをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達方法ティーショットゴルフ上達法

ゴルフスイングの重心移動

野球では、イチローの「振り子打法」や王貞治の「一本足打法」など

様々なバッティングスイングがあると思いますが

基本は体重を後ろ足に移動し、スイングの際に前足に移動することにより

ミートの際にボールに力を伝えてにより遠くに飛ばすようにします。

ゴルフでもスイングの際は、テークバックからトップにかけて右足に体重が乗せ
ダウンスイングからインパクトし、フォローにかけて左足へと体重が移っていくことが
基本とされています。

しかし、なかなかまっすぐボールが飛ばないでスライスしたり、トップしたりしますよね?

しかも飛距離がでなかったり。

プロゴルファーは日々練習しているから
大きく体重移動しても軸がぶれないでうまく飛ばせますが
あまり練習ができない一般のゴルファーや初心者ゴルファーだと
安定したスイングができないですよね。

原因はなんなんでしょう?




それは重心がブレているからです。

後ろから前に体重移動することにより重心が安定しないことで
クラブがボールに当たるタイミングがズレるからです。
つまりクラブを構えた時とインパクトで重心が違うというこです。

なのでまっすぐ飛ばすには重心がブレないように
スイングすることを考えて打つことが重要なのです。

最近、「左一軸打法」というものが注目されています。
オジー・モアの理論です。

今までの概念とは異なり、後ろ足にあまり重心を移動させないですべて前足重心で
スイングする方法ですがこれを実践すると軸がぶれることなく、ボールがまっすぐ飛ぶんです。

左一軸打法は重心移動をしないから飛ばないと思われますが、腰を捻転するので飛距離は変わりません。

もしかすると今までの「右足に体重を移動して・・」という概念は
上達の妨げになっているのかもしれません。

スライスする、飛距離がでないという方は
「左一軸打法」を習得することでゴルフが上達しますので是非実践してみてください。

[btn_s color=”green” corner=”r” url=”http://www.golfmagic.info/oub7″]新左一軸ゴルフ上達プログラム[/btn_s]

【管理人ゴルフ上達法】
初心者の方、スコアーが上がらない方!プロゴルファーのテクニックで効率的にスコアーアップして、より楽しくラウンドしましょう!
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法