ダフらない、トップしない、アプローチショットの方法 -ゴルフ初心者-

グリーン周りのアプローチショットで
ザックリ(ダフリ)、トップを繰り返してしまい
グリーンを往復したり、しまいには怖くなってショットが小さくなり
チョロしてしまうようなドツボにはまったことはありませんか?

ゴルフ初心者の方でも、ベテランのゴルファーでも
必ず一度は経験して悩むことです。

グリーン周りのアプローチショットは残りヤードか少なく
フルショットできないため、正しい構え方と
ショットの力加減が重要になってきます。

正しいアプローチショットの構え方とは

[check_list image=”check1-gr”]
  • ボールは真ん中か少し後ろに置く
  • ハンドファーストに構える
  • 両足のスタンスは狭くそろえ、少しオープンスタンス
  • 重心は左足(前足)に置き、体重移動はしない
[/check_list]

ゴルフボールを真ん中より後ろに置き、ハンドファーストに構えることによりダフリやトップ、振り遅れを防ぐことができます。

両足のスタンスを狭くして左足に重心を置くことで
体重移動少なくしてブレない下半身が作れます。




正しいアプローチショットのスイング


左足重心でスイングしますが、クラブを構えた肩と手の三角形の状態は崩さないように振り子のようにして打ちます。

手打ちにならないように左足を中心にクラブにあわせて腰を回転します。

フルショットはできないので、距離によって
スリークォータースイング、ハーフスイングなど打ち分けることが重要です。

腕が時計の針で7時から5時、8時から4時、9時から3時などで
距離を打ち分けるられるように練習しましょう。


アプローチショットをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法

人気ウェッジ
ゴルフ初心者のサンドウエッジ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>