ゴルフスイング手打ちの直し方

打ちっぱなしに行くと、よく手打ちをしている人を見かけます。

手打ちというのは、下半身(腰)を動かさないで腕だけで振っていることですが
なかなか自分では気づかないかもしれません。

手打ちでは、フルスイングしてもぜんぜん飛距離がでない上に
ボールの弾道も山なりになってしまします。
また、スライスの原因にもなってしまいます。

腕っ節が強い人でも思ったほど飛距離はでません。

ゴルフはクラブが仕事をしてくれるので
いくら力をいれて打っても腕の力では飛ばないのです。

では、手打ちを直す方法とはどのようにすればよいでしょう?




まず、腰を中心にスイングするためにスタンスを取るとき腰をグッと入れて構えます。

テイクバックは腹が後ろを向くまで腰をまわしします。
腰を回すというのは、右のおしりを意識してまわして、おなかが後ろを向くイメージです。

そして、腰をを先に早く回して、腕が遅くれて出てくるようにすれば良いのです。

ミートした後は、腹が前を向くようにすると腰をつかった正しいスイングができます。

腰から早く回るようにすることで腕は力を入れなくても自然とスイングの起動に乗ってきます。

手打ちを直すことで、ボールの弾道も力強くまっすぐに、そして飛距離も大幅に伸びることがわかると思います。

左一軸打法の場合、左に重心を残したままスイングするので
より手打ちのような状態になってしまいますので、腰の回転を意識してスイングすることが重要です。


【管理人ゴルフ上達法】
初心者の方、スコアーが上がらない方!プロゴルファーのテクニックで効率的にスコアーアップして、より楽しくラウンドしましょう!
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法


「ゴルフスイング手打ちの直し方」への2件のフィードバック

  1. Maybe we’ll get lucky.Somebody explaining their alternative to Obamacare, Medicaid, and Medicare will say it’s simple, “just let them die,” and set off a half-hour of cheering and dancing.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>