フェアウェイウッドのスイングが上達する方法

フェアウェイウッドが苦手

フェアウェイウッド(3W)はダフったり、トップしたりと、うまくスイングできなくて苦手と思っていませんか?

フェアウェイウッドはドライバーとヘッドの形状も重さも、シャフトの長さも異なりますので、基本的な構えとスイング方法も異なるのです。

またティーアップしないで地面に直接置いてスイングするため、ダフりの心配や、すくい上げることを考えるためにトップをしてしまいます。

では、フェアウェイウッドはどのようにスイングすればよいのでしょうか?

はらう(ソールを滑らす)ようにスイングするか、アイアンのようにたたきつけるスイングどちらが正しいのでしょうか?

フェアウェイウッドははらう?たたきつける?

まず、はらうようにスイングする場合、慣れていないとボールをやや左においてすくい上げようとする打ち方になってしまいます。

またドライバーのようにティーアップして打つわけではありませんので中心に当たらずにトップしてしまいます。

実際フェアウェイウッドは、角度がついているので、すくい上げようと考えなくても中心にヒットすればボールは自然と上がってくれます。

なので、ゴルフ初心者の方はフェアウェイウッドもアイアンと同じたたきつけるスイングをする方がトップするミスが減ってきます。


フェアウェイウッド打ち方

まず、グリップは少し短く持ちましょう!5番アイアンくらいの短さで持てば、当たらないという不安はなくなってきます。

うまく打てるようになってくればグリップを徐々に長すれば良いので、まずはグリップを短く持つことが苦手を克服方法です。

次にボールの位置ですが、アイアンと同じようにスタンスの真ん中かやや後ろにセットします。

ボールを前に置くとトップする可能性が大きくなりますが、真ん中に置くことでトップすることを防げます。

そして、スイングですが右かかとが上がらないようにアイアンのような力加減でコンパクトにスイングしましょう。

重要なのは、思いっきりスイングしないことです!

フェアウェイウッドはドライバーにように飛距離は飛ばないし、力を入れたとことで飛距離は変わりません。

それより方向性と中心にヒットすること重視してコンパクトなスイングをしましょう。

ボールを当てにいくのではなく、ボールがあたるスイングが必要です。

アイアンのように打てることが、フェアウェイウッドが上達する方法です。
ぜひ実践してみてください。


フェアウェイウッドをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達方法フェアウェイウッドゴルフ上達法

人気フェアウェイウッドランキング
ゴルフ初心者フェアウェイウッド上達方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>