自宅でゴルフ練習方法

ゴルフ初心者の自宅練習方法

寒い季節はゴルフ場やゴルフ練習場にいくことが遠ざかってしまい勝ちですね。

ゴルフをプレーする季節は春と秋がもっとも盛んで、暑い夏と寒い冬はプレーする人は極端に減ります。

しかし、夏と冬はプレー料金が大幅に安くなるので、ゴルフの初心者の方は財布にやさしく実践で経験を積むチャンスだと思います!

それでも、寒さに耐えてまで外でプレーしたくない!という方は、シーズンに向けて自宅でゴルフ練習を取り組んでみてはいかがでしょうか。

自宅でのゴルフの練習方法はいくつかありますのでその方法をご紹介します。

パター練習

パター練習は自宅でできるゴルフ練習方法の定番です。

パターマットは数千円程度で売っていますので、ゴルフ初心者の方はぜひ上達するには手に入れましょう!パターマット

パターの練習方法はこちらの以前の記事をご覧ください。

パターマットで練習することで2-3mの距離を絶対外さない自信がつきスコアーが大きく縮まります。

正しいフォーム作りとスイング練習

正しいアドレスの構え方、正しいテイクバックからダウンスイング・フォローまでを練習しましょう。

ゴルフ初心者の方はクラブの握り方も確認します。

自宅でスイング練習する場合は、基本的にはクラブは持ってスイング練習をしましょう。

クラブを持っていないとスイングの軌跡やクラブの上げた、下ろした時のクラブ向きがわからないためあまり意味がないからです。

フルスイングするは必要ありませんので部屋が大きくなくても練習できます。

ハーフスイングかそれより小さいスイングでクラブの軌跡やフェースの向きを確認しましょう。



アプローチ練習

正しいフォーム作りとスイング練習の実践として、アプローチ練習を行います。

アプローチ練習はパターマットとボールを使って行います。

ボールは練習用のウレタンやスポンジのボールが売っていますが、実際のボールで行った方がインパクトの感覚がつかめるので効果的です。

まず、サンドウェッジを使って2m~3m先のカップに入れる練習になるので、テイクバックはパターと同じくらいかやや上げてスイングします。

距離が短いので、足はほとんど開かない状態で、クラブはパターと同じ位短く持った方がよいでしょう。

転がしていれるのではく1mくらい浮かせてから転がして入れるイメージです。

この練習をすることで、グリーン周りのアプローチが劇的に上達します。

毎日ゴルフ練習することが重要

ゴルフは、飛ばすことが目的ではなく、いかに正確に安定したスイングができることが重要です。

練習場に行かなくても自宅で毎日練習することが大きくスコアーアップにつながりますので、ゴルフ初心者の方はぜひ実践してみてください。

自宅でのゴルフ練習を効果的にすすめたい方は、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法

人気ウェッジ
ゴルフ初心者のサンドウエッジ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>