カテゴリー別アーカイブ: ゴルフクラブ

これでばっちり!ゴルフ初心者のドライバーの選び方

ゴルフのドライバーは最も遠くに飛ばせるゴルフクラブです。

ドライバーは、シャフトが最も長いため、遠くに飛ばせる分、ボールを芯で捕らえるのが難しくなり、スライスしたりフックしたり、芯に当ててまっすぐ飛ばすのが難しいゴルフクラブです。


ドライバーは各メーカーからさまざまなモデル発売されていますが
何を基準に選んでよいかわからなと思いますので
ここではゴルフ初心者向けにドライバーの選び方のポイントを解説します。

ドライバーのヘッドの選び方

ヘッドの大きさについて

ドライバーのヘッドは大きいほうが、スイートスポットが大きくなり、
芯を外してもおおきなミスがすくなく飛んでくれます。

現在のルールで、ドライバーのクラブヘッドの大きさは460ccまでと規定されていますが、ゴルフ初心者は一番大きな460ccのヘッドを選ぶとよいでしょう。






ドライバーのロフト角の選び方

ドライバーやアイアンなどのゴルフクラブは、フェース(ボールが当たる面)に
角度がついています。この角度のことをロフト角といいます。
この角度が大きいほど、ボールは高く上がります。

ドライバーのロフト角は一般的に男性用で8~12度、女性用は10~14度で
ロフト角が1度変わるだけで、ボールの弾道の高さが違います。

ロフト角が小さいと(10度以下)ボールがあがりにくいので無理なスイングで上げようとする癖がつきますので、初心者ゴルファーは上がりやすい10度以上(女性は13度以上)角度の大きいロフト角を選ぶことです。

ドライバーのシャフトの選び方

シャフトは硬さや、重さ、長さ、種類があり、選ぶポイントは、自分のスイングに同調してくれて、力をうまくボールに伝えられるものを選ぶことです。

シャフトのフレックス(硬さ)

自分のヘッドスピードにあわせて選ぶことになります。

スイングのヘッドスピードが速い人が柔らかいシャフトを選ぶと振り遅れの原因になり逆にヘッドスピードが遅い人固いシャフトを選ぶと飛ばなかったりします。

表示されているものと実際のフレックスはメーカやUSモデルなどで異なりますので
あくまで目安です。

L:一般女性向け(ヘッドスピード~35m/s)
A:力のある女性向け(30~40m/s)
R:一般男性向け(35~45m/s)
S:力のある男性向け(40~50m/s)
X:ハードヒッター向け(45~55m/s)
※上記の中間のもの「SR」などもある。

ゴルフ初心者はご自身のヘッドスピードに合わせるか、一般的なフレックスを選ぶとよいでしょう。


ヘッドスピードはゴルフショップなどで測定することができます。

シャフトの重さ

ドライバーのヘッドスピードが40m/s前後ののゴルファーなら重量は50グラム台が目安。
ヘッドスピード45m/s以上のハードヒッターなら重量は60グラム台がおすすめです。

シャフトの種類

シャフトには種類があり、4つのタイプに分けることができます。

・先調子:手元が硬く先端が柔らかいタイプ
→スイングの時トップでタメを作る人向け
・元調子:手元が柔らかく先端が硬いタイプ
→スイングの時トップでタメを作らない人向け
・手元が硬く先端も硬いタイプ(中調子)
→スイングのトップで程度タメがあって、安定感を求める人は中調子(万人向け)
・手元と先端の両方が柔らかく真ん中が硬いタイプ(ダブルキック)
→スイングのトップでタメがなく、ボールが捕まらない人(プロ向け)

ゴルフ初心者は、あまり意識しなくて「先調子」か「元調子」を選ぶ人が多いですが、実際どれが自分に合うかわからないと思いますので、スイング測定するマシンを置いているお店で計測してもらうことをおすすめします。

シャフトの長さ

シャフトの長さは一般的に44インチ~46インチがあります。
シャフトが長いほうが飛距離が大きくなりますが、その分当たる確率はかなり低くなります。

よく飛んでも確立が低ければ、トータルのスコアーに影響しますので、ゴルフ初心者は45インチぐらいのものを選ぶのが無難でしょう。


ドライバーの値段

メーカーや、モデルによって価格帯も大きく異なりますが、値段が高ければ良いクラブというわけではありません。
高いドライバーは上級者向けや非力なシニア向けに作られているものが多いので、値段の安い方がゴルフ初心者に扱いやすいクラブが多い。
USモデルを選ぶ場合、日本のモデルよりかなり安いが、保障がなかったり、シャフトの表示が違ったりするので注意が必要です。

ゴルフ初心者のドライバーの選び方まとめ


[check_list image=”check1-gr”]
  • なるべくヘッドが大きいもの460ccを選ぶ
  • ロフト角は男性は10度以上,女性は13度以上のものを選ぶ
  • シャフトはフレックスが男性はR、女性はL、長さが45インチを選ぶ
  • 値段は安いもの(3万円-5万円くらいのもの)でよい。
[/check_list]
メーカー・モデルなどは好きなものを選んでよいが、実際に自分に合う条件のドライバーを探したら、ネットの口コミで確認したり、ショップの店員さんに聞いてみて、さらに実際に試打して決めるのがよいでしょう。

最近は、シャフトを後で買い替えできるタイプのドライバーや
自分の癖に合わせて、ロフト角度、フェースの向き、ヘッドの重さのバランスを
チューニングできるドライバーもあるので、自分のスイングが定まっていない
ゴルフ初心者におすすめです。

ドライバーの選び方 ゴルフクラブ


ゴルフクラブを選ぶ際、人気ランキングも参考にしてみてください。
ゴルフクラブ人気ランキング


ゴルフ初心者の方はよいドライバーを選んだら、それに見合ったスイングができるように練習しましょう。
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法


↓↓ランキング参加中!クリックをお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフ初心者ブログへ

ゴルフクラブのUSモデルと日本モデルの違い

ゴルフクラブにUSモデルとJPモデルっていうものがありますが

現在円高の影響もあり、USモデルが格安で販売されています。

見た目では違いないようにみえますが

一番大きな違いは、シャフトの硬さです。

JPモデルは、日本人向けにパワーがなくてもシャフトのしなりで飛ばせるように

軟らかく軽量のシャフトを使用しています。

R、RS、S、X(軟らかい順)など硬さがありますが

USモデルはRはJPモデルのSに相当するようで硬くなっています。




ヘッドは現在SLEルールというものに日本もアメリカも準拠しているので

そう違いはないと思います。

しかし、製造国によって、仕上がりの丁寧さはあるようです。

ヘッドスピード体が大きい、パワーがあるゴルファーでない限りは

安くてもUSモデルを購入するのは気をつけたほうがよいでしょう。

ちなみにパターの違いはないようです。

自分の身体にあったクラブを選ぶことでスコアーも大きく変わると思います。

ゴルフショップで試打して決めるのが一番良い方法と思います。


【管理人ゴルフ上達法】
初心者の方、スコアーが上がらない方!プロゴルファーのテクニックで効率的にスコアーアップして、より楽しくラウンドしましょう!
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法


↓↓ランキング参加中!クリックをお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフブログへ