カテゴリー別アーカイブ: ゴルフスイング

自宅で練習できるゴルフ教材①(7日間シングルプログラム)

レッスンプロのゴルフスクールにいくには、時間もお金もかかる。
手軽にゴルフが上達したいという方はDVDの教材でゴルフの学習するのが上達の近道です。

しかしゴルフ教材はいくつもあって、中には粗悪なものや理論がわかりにくいものや間違っているものも多くあります。

その中で、当サイトの管理人も実践して良かったおすすめなゴルフ教材は、ジャパンゴルフツアープレーヤーのレッスンプロとして知られている小原大二郎プロの「7日間シングルプログラム」です。

「7日間シングルプログラム」のパッケージ

パッケージの中はDVD5枚組み


7日間シングルプログラムの内容

この「7日間シングルプログラム」は7つのステップに分かれていて、ステップの流れにそってに練習していくことで、確実に正しいゴルフスイングを身につけることができます。

ゴルフスイングの方法はレッスンプロによって教え方も様々ですが、この方法は誰にでも当てはまるもっとも基本的なスイング方法を学ぶことができます。

また、意識するポイントがシンプルにまとめられているから考える必要がなく全体の動きに重点を置かれているのが特徴で理解しやすい内容になっています。


アマチュアゴルファーは、基本スイングの理論をわかっているつもりでも実際にうまくスイングできていない方が多いのですが、今の自分のスイングの改善ポイント正しい練習方法が具体的にわかるようになります。

特にゴルフ初心者にはおすすめで、グリップの握り方から、基本のスイング方法、スイング練習方法のすべてのノウハウをポイントをついて解説されています。わかりやすり言葉で説明されていますので、ゴルフ初心者の方が理解できる内容になっています。

また上級者の方でも、90切り・80切りができないとか安定したスコアー出せないというのは、スイングに問題があるので原因を見直すことができます。

なお、シングルの方は、スイングの基本は理解されて身についていると思いますのでスルーしてもよいかもしれません。

このDVDを学ぶことで、スイングポイントが理解でき、ドライバーショットからミドルアイアン、そしてアプローチもで安定できるようになります。その結果スコアーアップにつながっていきます。

自宅でもできる練習方法も紹介されているので、打ちぱなっしにいかなくても基本のスイングを毎日練習することができます。

スマートフォンやポータブルプレーヤで再生できる動画ファイルも付いているので、スマートフォンに動画を入れて通勤中やゴルフ練習場などいつでも再生してみることができて便利です。

「7日間シングルプログラム」がおすすめな人

  • 初心者で正しいスイングを学びたい方
  • 100切りを目指している方
  • 基本的にスライス、フックが多い方
  • トップ、ダフリが多くボールの芯に当たらない方
  • スイングフォームが安定していない方
  • 80、90あたりでスコアーが安定していない方
  • 長年ゴルフをやっていて上達しない方
  • レッスンを受けても上達しなかった方
  • きれいなフォームでまっすぐ的確にスイングしたい方
レッスンプロに教えてもらわなくても、自宅にいながら正しいスイングが学べますので、ぜひ「7日間シングルプログラム」実践してみてください。
返金保障制度もあるので安心して学ぶことができます。

ゴルフレッスン DVD教材7日間シングルプログラム

7日間シングルプログラムはこちら
(5大豪華特典+全額返金保障つき)

フェアウェイウッドのスイングが上達する方法

フェアウェイウッドが苦手

フェアウェイウッド(3W)はダフったり、トップしたりと、うまくスイングできなくて苦手と思っていませんか?

フェアウェイウッドはドライバーとヘッドの形状も重さも、シャフトの長さも異なりますので、基本的な構えとスイング方法も異なるのです。

またティーアップしないで地面に直接置いてスイングするため、ダフりの心配や、すくい上げることを考えるためにトップをしてしまいます。

では、フェアウェイウッドはどのようにスイングすればよいのでしょうか?

はらう(ソールを滑らす)ようにスイングするか、アイアンのようにたたきつけるスイングどちらが正しいのでしょうか?

フェアウェイウッドははらう?たたきつける?

まず、はらうようにスイングする場合、慣れていないとボールをやや左においてすくい上げようとする打ち方になってしまいます。

またドライバーのようにティーアップして打つわけではありませんので中心に当たらずにトップしてしまいます。

実際フェアウェイウッドは、角度がついているので、すくい上げようと考えなくても中心にヒットすればボールは自然と上がってくれます。

なので、ゴルフ初心者の方はフェアウェイウッドもアイアンと同じたたきつけるスイングをする方がトップするミスが減ってきます。


フェアウェイウッド打ち方

まず、グリップは少し短く持ちましょう!5番アイアンくらいの短さで持てば、当たらないという不安はなくなってきます。

うまく打てるようになってくればグリップを徐々に長すれば良いので、まずはグリップを短く持つことが苦手を克服方法です。

次にボールの位置ですが、アイアンと同じようにスタンスの真ん中かやや後ろにセットします。

ボールを前に置くとトップする可能性が大きくなりますが、真ん中に置くことでトップすることを防げます。

そして、スイングですが右かかとが上がらないようにアイアンのような力加減でコンパクトにスイングしましょう。

重要なのは、思いっきりスイングしないことです!

フェアウェイウッドはドライバーにように飛距離は飛ばないし、力を入れたとことで飛距離は変わりません。

それより方向性と中心にヒットすること重視してコンパクトなスイングをしましょう。

ボールを当てにいくのではなく、ボールがあたるスイングが必要です。

アイアンのように打てることが、フェアウェイウッドが上達する方法です。
ぜひ実践してみてください。


フェアウェイウッドをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達方法フェアウェイウッドゴルフ上達法

人気フェアウェイウッドランキング
ゴルフ初心者フェアウェイウッド上達方法

ダフらない、トップしない、アプローチショットの方法 -ゴルフ初心者-

グリーン周りのアプローチショットで
ザックリ(ダフリ)、トップを繰り返してしまい
グリーンを往復したり、しまいには怖くなってショットが小さくなり
チョロしてしまうようなドツボにはまったことはありませんか?

ゴルフ初心者の方でも、ベテランのゴルファーでも
必ず一度は経験して悩むことです。

グリーン周りのアプローチショットは残りヤードか少なく
フルショットできないため、正しい構え方と
ショットの力加減が重要になってきます。

正しいアプローチショットの構え方とは

[check_list image=”check1-gr”]
  • ボールは真ん中か少し後ろに置く
  • ハンドファーストに構える
  • 両足のスタンスは狭くそろえ、少しオープンスタンス
  • 重心は左足(前足)に置き、体重移動はしない
[/check_list]

ゴルフボールを真ん中より後ろに置き、ハンドファーストに構えることによりダフリやトップ、振り遅れを防ぐことができます。

両足のスタンスを狭くして左足に重心を置くことで
体重移動少なくしてブレない下半身が作れます。




正しいアプローチショットのスイング


左足重心でスイングしますが、クラブを構えた肩と手の三角形の状態は崩さないように振り子のようにして打ちます。

手打ちにならないように左足を中心にクラブにあわせて腰を回転します。

フルショットはできないので、距離によって
スリークォータースイング、ハーフスイングなど打ち分けることが重要です。

腕が時計の針で7時から5時、8時から4時、9時から3時などで
距離を打ち分けるられるように練習しましょう。


アプローチショットをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法

人気ウェッジ
ゴルフ初心者のサンドウエッジ

テイクバックでひじを曲げない方法

テイクバックの時、左ひじは曲がっていませんか?

ゴルフのスイングは左ひじを曲げないというのが基本とされています。
左ひじを曲げてるプロはほとんどいないのですよね。

では、なぜ左ひじを曲げてはいけないのか?

それは、左ひじを曲げてしまうとダウンスイングで伸ばし直す動作が必要になるので
スイングアーク(クラブヘッドが描く円弧のこと)が小さくなり
その分クラブのヘッドスピードを落ちてしまうのです。

それに、ボールのインパクト位置がぶれたりしてナイスショットできないのです。

でも、ゴルフ初心者の方はテイクバックで左ひじを曲げないのって難しいですね!


左ひじを曲げないコツはきれいなテイクバックを身につけることですが
それより、簡単でわかりやすい方法を、石川遼選手が番組で紹介していました。

その方法とは!

『左の小指をバックスイングで遠くに持っていこうとする』

ということです。

実際に「左小指」を意識してテイクバックをやってみましょう!

ほら、左ひじが曲がらないし不自然ではないですね!

これはわかりやすいので、ぜひ試してみてください。


参考:youtube

【管理人ゴルフ上達法】
初心者の方、スコアーが上がらない方!プロゴルファーのテクニックで効率的にスコアーアップして、より楽しくラウンドしましょう!
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法

↓↓ランキング参加中!クリックをお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフ初心者ブログへ

ゴルフ初心者上達:斜面でのスイング

ゴルフ場では平面より斜面でショットする場面が方が多くなります。

斜面でのスイングは打ちっぱなしでは練習できないので

実際にゴルフ場で斜面に立ったとき、いつものスイングができなくなり

スコアーを大きく落としてしまうことがよくあります。

また、平面と違い、斜面では飛ぶ方向やゴルフボールが当たる位置が変わるので

斜面による癖を理解してショットすることが大切です。

ここでは、斜面の4つのタイプ別にスイング方法を説明したいと思います。

つま先上がりの斜面でのショット


つま先上がりの斜面では平面と同じように打てば

ボールはフックします。(左に曲がる)

では、なぜフックするのか?

それは、斜面にクラブヘッド合わせた時

ヘッドが左方向に向いているからです。

  • 構え方⇒かかと側に体重をかけて、前傾姿勢で構える。
  • 方向⇒目標よりやや右方向に向ける
  • ボールの位置:真ん中かやや後ろ足寄り

つま先下がりの斜面でのショット


つま先下がりの斜面では平面と同じように打てば

ボールはスライスします。(左に曲がる)

スライスする理由は、斜面にクラブヘッド合わせた時

ヘッドが右方向に向いているからです。

  • 構え方⇒つま先側に体重を乗せて前傾姿勢で構える。
  • 方向⇒目標よりやや左方向に向ける
  • ボールの位置:真ん中かやや後ろ足寄り

左足(前足)上がりの斜面でのショット


ボールがフックしやすいので

少し右方向を狙ってスイングします。

  • 構え方⇒右足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構えます。
  • 方向⇒目標よりやや右方向に向ける。
  • ボールの位置:やや後ろ足寄り

左足(前足)下がりの斜面でのショット


左足上がりの斜面ではクラブヘッドが上から落ちてこないため

ボールを少し後ろに置いたほうがダフりにくくなります。

また、左足下がりの斜面ではボールがスライスしやすいので

少し左方向を狙ってスイングします。

  • 構え方⇒左足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構えます。
  • 方向⇒目標よりやや左方向に向ける。
  • ボールの位置:後ろ足寄り
 



斜面でのスイングまとめ

  • スイングは姿勢を崩さず、コンパクトに振りましょう。

  • スタンスは肩幅よりも少し広めにしてバランスよく安定するように構えましょう。
  • つま先上がり、つま先下がりの斜面は、傾斜が高い方に体重をかけましょう。
  • 左足上がりや左足下がりの斜面では、傾斜が低い側に体重をかけましょう。

  • スライス・フックすることを想定して構えましょう。

  • 斜面によってボールの位置を変えましょう。
斜面ショットする方向ボールの位置構え方
つま先上がりやや右方向真ん中か後ろ足寄りかかと側に体重をかけて、前傾姿勢で構える
つま先下がりやや左方向真ん中か後ろ足寄りつま先側に体重を乗せて前傾姿勢で構える
右足上がりやや右方向後ろ足寄り右足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構える
右足下がりやや左方向後ろ足寄り左足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構える


斜面でのスイングをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法

 

↓↓ランキング参加中!クリックをお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフ初心者ブログへ