ゴルフクラブのグリップの握り方

ゴルフクラブのグリップの握り方をあまり気にしない人が多いかもしれませんが、

正しいグリップの握り方をしていないと上達もしないし正しくスイングできません。

野球でもテニスでもまずスイングする前に、最初にグリップの握り方を学びます。

正しいグリップの握り方を覚えることにより、スイング、方向性、飛距離が上がり
ゴルフのスコアーも伸びることになります。

ゴルフのグリップの握り方は一般的に
大きく分けて3種類がありますが、それぞれの違いは左手の握り方にあります。

【グリップの握り方の種類】

スクエアグリップ

一般的なグリップの握り方です。ややフェードが出しやすい。

ウイークグリップ

左手の甲が打つ方向を向くように握るグリップ。
スライスが出しやすい。

ストロンググリップ

ボールが飛ぶ上方を向くグリップ
フェースの向きの自由度が下がります。

では、ゴルフ初心者がまず覚える一般的な握り方
スクエアグリップについて説明します。

まずグリップエンドより約1インチあけてます左手から握り始めます。

左手の小指⇒薬指⇒中指の順番でしっかりと握り、人差指・親指を添えて支えます。

ちょうど左手第二関節から付け根部分にグリップの裏側をのせるイメージです。

ゴルフクラブを構えた時に中心から、親指が少し右側に乗っているようにします。

上から見て左手のこぶしが2つ半見える状態です。

右手は中指と薬指を中心でグリップを握り、他の指は軽く握ります。

親指と親指は指先を付けて輪を作るイメージです。

右手親指はグリップの中心よりやや左側に置きます。



【グリップの左手の絡め方の種類】

グリップを握った時、右手の小指の絡め方について
大きく3種類の方法があります。

方向性や飛距離が変わると言われていますが
試してみて自分に馴染むグリップのの握り方を採用したがよいと思います。

オーバーラッピンググリップ

左手人差指と中指の間の上に、右手の小指を乗せます。

オーバータッピンググリップが最も一般的なグリップ方法で
多くのゴルファーが採用しています。

インターロッキンググリップ

左手人指と右手の小指を絡めてます。

松山英樹、石川遼、「帝王」ジャックニクラス、、タイガーウッズ
バッバ・ワトソン、ビジェイ・シンなどプロの半数以上が採用しています。

左手と右手が一体感があるので方向性に優れています。

ベースボールグリップ

野球のバットを握るように左手、右手の指が絡まない握り方です。飛距離が出る。

ゴルフ初心者おすすめのグリップの握り方

ゴルフ初心者の方はスクエアグリップ&インターロッキンググリップをお勧めします。
両手の一体感があり、安定したスイングが身につきます。


正しいグリップの握り方をしっかりマスターしたら
次はスイングをしっかり覚えましょう!
スイング

ゴルフ初心者の方は癖がつかないように、最初に基本をしっかり身に着けることが
大切です。管理人おすすめの上達法で練習してみてください。
ゴルフグリップの握り方の基本ゴルフグリップの握り方


「ゴルフクラブのグリップの握り方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>