ゴルフ初心者上達:斜面でのスイング

ゴルフ場では平面より斜面でショットする場面が方が多くなります。

斜面でのスイングは打ちっぱなしでは練習できないので

実際にゴルフ場で斜面に立ったとき、いつものスイングができなくなり

スコアーを大きく落としてしまうことがよくあります。

また、平面と違い、斜面では飛ぶ方向やゴルフボールが当たる位置が変わるので

斜面による癖を理解してショットすることが大切です。

ここでは、斜面の4つのタイプ別にスイング方法を説明したいと思います。

つま先上がりの斜面でのショット


つま先上がりの斜面では平面と同じように打てば

ボールはフックします。(左に曲がる)

では、なぜフックするのか?

それは、斜面にクラブヘッド合わせた時

ヘッドが左方向に向いているからです。

  • 構え方⇒かかと側に体重をかけて、前傾姿勢で構える。
  • 方向⇒目標よりやや右方向に向ける
  • ボールの位置:真ん中かやや後ろ足寄り

つま先下がりの斜面でのショット


つま先下がりの斜面では平面と同じように打てば

ボールはスライスします。(左に曲がる)

スライスする理由は、斜面にクラブヘッド合わせた時

ヘッドが右方向に向いているからです。

  • 構え方⇒つま先側に体重を乗せて前傾姿勢で構える。
  • 方向⇒目標よりやや左方向に向ける
  • ボールの位置:真ん中かやや後ろ足寄り

左足(前足)上がりの斜面でのショット


ボールがフックしやすいので

少し右方向を狙ってスイングします。

  • 構え方⇒右足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構えます。
  • 方向⇒目標よりやや右方向に向ける。
  • ボールの位置:やや後ろ足寄り

左足(前足)下がりの斜面でのショット


左足上がりの斜面ではクラブヘッドが上から落ちてこないため

ボールを少し後ろに置いたほうがダフりにくくなります。

また、左足下がりの斜面ではボールがスライスしやすいので

少し左方向を狙ってスイングします。

  • 構え方⇒左足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構えます。
  • 方向⇒目標よりやや左方向に向ける。
  • ボールの位置:後ろ足寄り
 



斜面でのスイングまとめ

  • スイングは姿勢を崩さず、コンパクトに振りましょう。

  • スタンスは肩幅よりも少し広めにしてバランスよく安定するように構えましょう。
  • つま先上がり、つま先下がりの斜面は、傾斜が高い方に体重をかけましょう。
  • 左足上がりや左足下がりの斜面では、傾斜が低い側に体重をかけましょう。

  • スライス・フックすることを想定して構えましょう。

  • 斜面によってボールの位置を変えましょう。
斜面ショットする方向ボールの位置構え方
つま先上がりやや右方向真ん中か後ろ足寄りかかと側に体重をかけて、前傾姿勢で構える
つま先下がりやや左方向真ん中か後ろ足寄りつま先側に体重を乗せて前傾姿勢で構える
右足上がりやや右方向後ろ足寄り右足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構える
右足下がりやや左方向後ろ足寄り左足に体重を乗せて、地面と肩を平行にして構える


斜面でのスイングをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法

 

↓↓ランキング参加中!クリックをお願いします☆
にほんブログ村 ゴルフ初心者ブログへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>