タグ別アーカイブ: ゴルフ

スタートホールでティーショットをミスしない秘訣

スタートホールのティーショットはトップしたりスライスしたり、
最悪チョロしたりすることが多くあります。

プロゴルファーでも、スタートホールは緊張するし、入念に練習をしてもスライスすることが多いと言われているように朝一のティーショットはうまく打てない事が多いのです。

ティーショットをミスしてしまう原因

その原因は大きく2つあります。
[check_list image=”check1-gr”]
  • まだ体が温まっていないから普段のスイングができない
  • スイングが失敗したらどうしようとかメンバーに見られている緊張感
[/check_list]
これらによって本来のスイングができなくなっているのです。

では、どうすればスタートホールを無事に乗り切ることができるのでしょうか?

プレー開始前の準備

プレー開始まで時間がある時パット練習のみを行っている人を多く見かけますが
スタートホールに自信が無い人にとってパッティングは二の次で構いません。

体が温まっていない状態では本来のスイングができませんので
まずは、肩・腰を中心にストレッチで筋肉をほぐしましょう。

ストレッチすることで身体のこわばりも緊張感も和らぐことにつながります。

その後、打ちっぱなしが併設されている場合は、ドライバーで何球かフルスイングすることでスイングの感覚をつかむ事ができます。

打ちっぱなしが無い場合でも、アイアンを2本持って素振りしたり、ドライバーでフルスイングすることで体がほぐれます。

この時重要なのは、ちゃんと「腰が回転できて」普段通りのスイングができていることを確認することです。


ティグラウンドに立ったら

自分のティーショットの順番が回ってきたら、まず大きく深呼吸をして
その後は、いつもどおりのルーティンをすることを心がけましょう!

ここで重要なのは、決して打ち急がず、何も考えず「無心」でいつも通りにルーティンを進めることです!

決して飛ばそうと思わないで、とりあえずフェアウェーキープでいいという気持ちで力まないことです。

ルーティンはとても重要ですので自分のルーティンは決めておきましょう。

それでもスライスやトップ・チョロする場合がありますので
トップ・チョロしないように普段よりティーアップを少し高めにする。

スライスしてもいいように目標方向やクラブのフェース向きをやや左に向けたりするなど工夫してみてください。

スタートホールでミスしない方法まとめ

スタートホールでティーショットをミスしない方法は5つです。
[check_list image=”check1-gr”]
  • ストレッチをしっかり行う。
  • ゴルフクラブをフルスイングをしておく。
  • ティーアップを少し高めにする。
  • 目標方向またはクラブをやや左に向ける。
  • 深呼吸していつも通りのルーティンでスイングをする。
[/check_list]
スタートホールのティーショットを成功させると
いい気分でラウンドを進めることができますね!

スイングをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達方法ティーショットゴルフ上達法

ゴルフ上達法

ゴルフ初心者がゴルフを独学で上達するには
[check_list image=”check1-gr”]

  • ひたすら打ちっぱなし&パターマットで練習をする
  • ゴルフの上手い友人にレッスンしてもらう
  • ゴルフ本、雑誌を読む
[/check_list]
などいくつ方法がありますが、独学では癖がつき、上達するまで時間がかるので効率よく上達する方法を学んだ方がいいと思います。

時間やお金に余裕がある方は、実際にティーチングプロのレッスンを受けてみるのもいいでしょう。

ゴルフレッスンに行く時間に余裕がなく、自宅で本格的に学びたいという方は プロのレッスンDVD教材で学ぶのが時間を選ばず自宅でできるので効果的です。

プロのレッスンDVD教材がいくつもあり内容も様々ですが、専門の用語や中上級者向けのものもありますので、ここでは初心者でもわかりやすく人気があるものを紹介します。

ゴルフ レッスンDVD教材ランキング17日間シングルプログラム

ゴルフレッスン DVD教材7日間シングルプログラム

わずか3年間で、189人以上もの素人ゴルファーをシングルプレイヤーへと導いた、小原プロによるゴルフレッスンDVD教材です。 スコア100を切るための7つのステップとは?左右片手打ち練習法とは?「結果重視の左サイド」を自然に作り出すフェードバック法とは?

力の限りフルスイングしても問題ないマキシング法とは?意識しなくても体重移動が出来てしまうムーブスの法則とは?

プロの観点からまとめ上げた、スコアアップのために必要なトレーニング法をDVDで全公開しています。

5ラウンド以内に80-90台にならなかったら全額返金保障があります。

ゴルフ教材のランキングで1位を獲得した実績あるDVD教材なので初心者でも安心して学ぶことができます。

7日間シングルプログラム公式サイト

ゴルフ レッスンDVD教材ランキング2ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

ゴルフレッスンDVD教材ゴルフシンプル理論

片山晋吾をはじめ数多くのプロがレッスンを受けた 日本のトッププロコーチ谷コーチの最新のゴルフ理論。

シンプルでわかりやすい内容な、初心者からトッププロまで短期間で完全マスターできるDVDです。

ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム公式サイト

ゴルフ レッスンDVD教材ランキング3 新左一軸ゴルフ上達プログラム

ゴルフレッスンDVD教材左一軸打法

今までの概念では2軸打法。テイクバックで後ろ足に重心を移動して ダウンスイングで前足に移動するスイングが絶対とされてきましたが それを覆したオジー・モアの飛距離が出てまっすぐ飛ぶ左一軸スイング教材の進化版です。

理論が進化した4つのポイント
・より左足加重になり飛距離が出るようになった
・より再現性が高まり安定するようになった
・より体にやさしく年齢の不安が解消された
・理論が数値化され、正しく振れているかが明確にわかるようになった

2ラウンド以内にベストスコアーが出なかったら全額返金保障があります。

新左一軸ゴルフ上達プログラム公式サイト

上達しないままゴルフを続けていても、楽しくなくなってきますので、自分に合った効果的なゴルフ上達方法を見つけて、まずは100切りを目指す!
100を切っている方は、90→80→シングルを目指すなど
目標をもってレッスンを受けて練習していければよりゴルフを楽しくプレーできると思います。

これらのレッスンDVD教材はゴルフ初心者向けに非常にわかりやすく、管理人も実践したオススメの方法ですのでしっかりと学んで上達してくださいね。

ダフらない、トップしない、アプローチショットの方法 -ゴルフ初心者-

グリーン周りのアプローチショットで
ザックリ(ダフリ)、トップを繰り返してしまい
グリーンを往復したり、しまいには怖くなってショットが小さくなり
チョロしてしまうようなドツボにはまったことはありませんか?

ゴルフ初心者の方でも、ベテランのゴルファーでも
必ず一度は経験して悩むことです。

グリーン周りのアプローチショットは残りヤードか少なく
フルショットできないため、正しい構え方と
ショットの力加減が重要になってきます。

正しいアプローチショットの構え方とは

[check_list image=”check1-gr”]
  • ボールは真ん中か少し後ろに置く
  • ハンドファーストに構える
  • 両足のスタンスは狭くそろえ、少しオープンスタンス
  • 重心は左足(前足)に置き、体重移動はしない
[/check_list]

ゴルフボールを真ん中より後ろに置き、ハンドファーストに構えることによりダフリやトップ、振り遅れを防ぐことができます。

両足のスタンスを狭くして左足に重心を置くことで
体重移動少なくしてブレない下半身が作れます。




正しいアプローチショットのスイング


左足重心でスイングしますが、クラブを構えた肩と手の三角形の状態は崩さないように振り子のようにして打ちます。

手打ちにならないように左足を中心にクラブにあわせて腰を回転します。

フルショットはできないので、距離によって
スリークォータースイング、ハーフスイングなど打ち分けることが重要です。

腕が時計の針で7時から5時、8時から4時、9時から3時などで
距離を打ち分けるられるように練習しましょう。


アプローチショットをより効果的に上達したいは、こちらの上達法で練習してみてください。
ゴルフ上達教材1ゴルフ上達法

人気ウェッジ
ゴルフ初心者のサンドウエッジ

ゴルフクラブのグリップの握り方

ゴルフクラブのグリップの握り方をあまり気にしない人が多いかもしれませんが、

正しいグリップの握り方をしていないと上達もしないし正しくスイングできません。

野球でもテニスでもまずスイングする前に、最初にグリップの握り方を学びます。

正しいグリップの握り方を覚えることにより、スイング、方向性、飛距離が上がり
ゴルフのスコアーも伸びることになります。

ゴルフのグリップの握り方は一般的に
大きく分けて3種類がありますが、それぞれの違いは左手の握り方にあります。

【グリップの握り方の種類】

スクエアグリップ

一般的なグリップの握り方です。ややフェードが出しやすい。

ウイークグリップ

左手の甲が打つ方向を向くように握るグリップ。
スライスが出しやすい。

ストロンググリップ

ボールが飛ぶ上方を向くグリップ
フェースの向きの自由度が下がります。

では、ゴルフ初心者がまず覚える一般的な握り方
スクエアグリップについて説明します。

まずグリップエンドより約1インチあけてます左手から握り始めます。

左手の小指⇒薬指⇒中指の順番でしっかりと握り、人差指・親指を添えて支えます。

ちょうど左手第二関節から付け根部分にグリップの裏側をのせるイメージです。

ゴルフクラブを構えた時に中心から、親指が少し右側に乗っているようにします。

上から見て左手のこぶしが2つ半見える状態です。

右手は中指と薬指を中心でグリップを握り、他の指は軽く握ります。

親指と親指は指先を付けて輪を作るイメージです。

右手親指はグリップの中心よりやや左側に置きます。



【グリップの左手の絡め方の種類】

グリップを握った時、右手の小指の絡め方について
大きく3種類の方法があります。

方向性や飛距離が変わると言われていますが
試してみて自分に馴染むグリップのの握り方を採用したがよいと思います。

オーバーラッピンググリップ

左手人差指と中指の間の上に、右手の小指を乗せます。

オーバータッピンググリップが最も一般的なグリップ方法で
多くのゴルファーが採用しています。

インターロッキンググリップ

左手人指と右手の小指を絡めてます。

松山英樹、石川遼、「帝王」ジャックニクラス、、タイガーウッズ
バッバ・ワトソン、ビジェイ・シンなどプロの半数以上が採用しています。

左手と右手が一体感があるので方向性に優れています。

ベースボールグリップ

野球のバットを握るように左手、右手の指が絡まない握り方です。飛距離が出る。

ゴルフ初心者おすすめのグリップの握り方

ゴルフ初心者の方はスクエアグリップ&インターロッキンググリップをお勧めします。
両手の一体感があり、安定したスイングが身につきます。


正しいグリップの握り方をしっかりマスターしたら
次はスイングをしっかり覚えましょう!
スイング

ゴルフ初心者の方は癖がつかないように、最初に基本をしっかり身に着けることが
大切です。管理人おすすめの上達法で練習してみてください。
ゴルフグリップの握り方の基本ゴルフグリップの握り方

打ちっぱなしのゴルフボールは飛ばない?-ゴルフ初心者-



ゴルフを始めて、何回かコースに出るようになってくるとある時

打ちっぱなし(ゴルフ練習場)より、実際のコースで打つ方が

ボールの飛距離がでるように感じたことはありませんか?


または、コースで残り100ヤードからショットする時、

グリーンがすごく遠くに見えるように感じませんか?


それは、多くの打ちっぱなしでは、飛ばない練習用ボールを使用しているからです。




練習用ボールは、実際のコースボールと比べて約70%程度しか飛距離が出ない仕様になって

それに合わせて、練習場のヤーテージの看板も実際のヤードとは違いボールに合わせた

距離に置いてあります。


実際のコースでは、見た目の感覚が違ってきますので

たとえ100ヤードが遠くに見えたとしても、距離にあったクラブ選択をすることが重要です。


練習用ボールとコースボールの違いが分かるようになればゴルフ初心者卒業ですね!


なお、練習場によっては、実際のコースボールを使用しているところもありますので

ホームページで調べるとか、店員さんに確認してみましょう。

【管理人ゴルフ上達法】
初心者の方、スコアーが上がらない方!プロゴルファーのテクニックで効率的にスコアーアップして、より楽しくラウンドしましょう!
ゴルフ初心者上達教材1ゴルフ上達法